主な主張(3つの方針)

急激に悪化した財政状況を改善させます。

 

 ここ4年間で見ると、積立基金(市の貯金)は54億円減り、

 借金は41億円増えました。

 

  ◎市の貯金 140億円 ⇒  86億円(54億円の減少)

 

  ◎市の借金 263億円 ⇒ 304億円(41億円の増加)

 

 しかしながら、コロナ対策に関する市独自の予算は、約8億円に留まっています。

 

 市民に必要な事業は、当然実施すべきではありますが、コロナ対策のような緊急性が 

 ある場合を除き、一定のバランスを保ちながら、安定した財政運営を行います。

 

 

②市職員の能力とやる気を最大限引き出します。

 

 トップが今後進めるべきビジョンを明確に示し、その中で市職員の意見もきちんと

 聞き、様々な提案を受けながら、市政運営を行います。

 

 そして、その結果責任は職員に押し付けることなく、トップが全て受け止めます。

 

 

③現場主義を徹底します。

 

 市長の仕事は、市長室のイスに座っていることではありません。

 

 医療・福祉・介護・教育・企業・農業・水産業など、様々な分野の現場に足を運び、

 現状を把握し、必要な対応を迅速に行います。