神栖市議会議員 伊藤  大 (いとうひろし)

ごあいさつ

 

神栖市議会議員の伊藤大です。  

平成12年に当時26歳で神栖町議会議員に初当選。合併後、神栖市議会議員となり、通算5期18年活動してまいりました。

その後、神栖市長選挙に立候補するも落選を経験し、一時は政治の世界から身を引くことも考えましたが、熟慮に熟慮を重ねた結果、多くの皆様に背中を押していただいたこともあり、再び政治の道を志す決意をいたしました。

そして、令和2年2月2日に行われた神栖市議会議員選挙におきまして、3027票という大きな票をいただき、通算6度目の当選をさせていただきました。

また、3月2日に開かれた神栖市議会臨時会において、第25代の神栖市議会議長に就任いたしました。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言や自粛要請等は全て解除されましたが、まだ油断はできません。

感染防止対策の徹底や経済・生活支援対策の充実、それらに関するより早い情報発信等に今後も力を尽くしてまいります。

そして、これからの少子高齢化、人口減少社会においても、神栖市が元気と活力にあふれ、さらなる躍進を遂げ、茨城県内でも中心的な役割を果たす都市に発展するめに、全力を尽くしてまいりたいとえております。

今後とも、皆様の力強いご支援・ご協力を心からお願い申し上げます。