ごあいさつ

茨城県の中心都市・神栖をめざして!

 

平成12年に当時の神栖町議会議員に26歳で初当選して以来、合併後の神栖市議会議員も含めて通算6回の当選をさせていただき、令和2年には第25代神栖市議会議長にも就任させていただきました。

 

その後、多くの皆様にご心配をいただいておりますが、神栖市長選挙への挑戦後、公職の立場から離れて一人の市民として、フラットな目で神栖市政を見させていただいております。

 

これからの神栖市は、鹿行地域を牽引し、茨城県の中でも中心的な役割を担う立場になるべきであり、これから加速する人口減少社会においても、神栖市の存在感が非常に高まって来るものと感じています。

 

そのような考えのもとに、私自身が地域の為に果たすべき役割があると判断したその時に、再び立ち上がることができるよう、人格を高め、力を付けてまいりたいと考えております。

 

今後とも、皆様の変わらぬご支援とご指導を、心からお願い申し上げます。

 

                                       いとう 大